3849円 靴磨きの気分もあがる、英国伝統の豚毛ブラシ | ケント シューズブラシ・ブラック(靴磨き用ブラシ・豚毛) 靴 靴ケア用品・アクセサリー 靴磨き 3849円 靴磨きの気分もあがる、英国伝統の豚毛ブラシ | ケント シューズブラシ・ブラック(靴磨き用ブラシ・豚毛) 靴 靴ケア用品・アクセサリー 靴磨き ケント,simplyhooked.nyc,|,シューズブラシ・ブラック(靴磨き用ブラシ・豚毛),3849円,/Cephalacanthus984680.html,靴磨きの気分もあがる、英国伝統の豚毛ブラシ,靴 , 靴ケア用品・アクセサリー , 靴磨き ケント,simplyhooked.nyc,|,シューズブラシ・ブラック(靴磨き用ブラシ・豚毛),3849円,/Cephalacanthus984680.html,靴磨きの気分もあがる、英国伝統の豚毛ブラシ,靴 , 靴ケア用品・アクセサリー , 靴磨き 靴磨きの気分もあがる 英国伝統の豚毛ブラシ ケント シューズブラシ 2020A/W新作送料無料 ブラック 豚毛 靴磨き用ブラシ 靴磨きの気分もあがる 英国伝統の豚毛ブラシ ケント シューズブラシ 2020A/W新作送料無料 ブラック 豚毛 靴磨き用ブラシ

靴磨きの気分もあがる 英国伝統の豚毛ブラシ ケント 大放出セール シューズブラシ 2020A W新作送料無料 ブラック 豚毛 靴磨き用ブラシ

靴磨きの気分もあがる、英国伝統の豚毛ブラシ | ケント シューズブラシ・ブラック(靴磨き用ブラシ・豚毛)

3849円

靴磨きの気分もあがる、英国伝統の豚毛ブラシ | ケント シューズブラシ・ブラック(靴磨き用ブラシ・豚毛)






英国最高のブラシと評される王室御用達ブラシメーカー、ケント(KRNT)のシューズブラシです。美しいブナ材のハンドルは、程よい厚みと光沢があり上質感が漂います。 KENT ブラシには弾力性に富み、静電気が起こりにくい100% 天然の豚毛 ( bristle - ブリッスル ) が使用されています。ブランドロゴとともに「Real Bristle」と印されているのは、ナイロンなどの化学繊維は一切混合されていないことを表しています。ハンドルの厚みは指が靴に当たらないように考慮された仕様です。

コシがある豚毛ブラシは、泥はねなどの汚れを落としたり、コバやメダリオンなどの細かい部分の埃を掃きだすときに便利です。 また靴クリームを塗りのばし、革に馴染ませるのにも適しています。また、使用し続けることで、毛先にクリームが付着し、軽くブラッシングするだけで艶が出るようになります。掌に収まるサイズで、毛足のカラーは2種類です。黒い毛のブラシは黒い靴用、ホワイトはその他の色に使い分けていただくと便利です。

■長さ:12.8cm
■幅:4.8cm
■ハンドル厚み:2.2cm
■ブラシの長さ:2.6cm
■木材:ヨーロッパ産ブナ材
■毛質:豚毛
■生産国:イギリス
 

KEBT | ケント

ケント ブラシ



英国靴好きなら靴ブラシも英国製にこだわりたい

気に入りの靴を自身で手入れしながら、末長く大切に使うというのが英国流。シューケア用品も英国製にこだわりたいものです。とくに、靴ブラシは“こだわれる”道具として、靴好きたちに注目されているアイテムです。

ケント シューブラシ9代にわたり英国王室御用達を授かるケントのブラシ

そして、その筆頭がここでご紹介のケントのブラシです。ケントは1777 年、ウィリアム・ケントによってロンドンに設立された靴や毛髪、洋服用ブラシのメーカーです。創業当時のジョージ3世(即位1760年#12316;1820年)の時代から現在のエリザベス2世の9 代にわたりロイヤルワラント(王室御用達)メーカーとして「英国最高のブラシ」を作り続けています。






ケント シューブラシ美しいブラシを使えば
靴の手入れはより楽しい


写真の靴ブラシもケントが手掛ける逸品。ハンドルには風合いに富むヨーロッパ産のブナ材が使われ、ブラシには豚毛が採用されています。毛が少し硬めでコシのある豚毛は、『靴クリームを伸ばす』『余分なクリームを取り去る』『ツヤを出す』のに最適です。

見た目がかっこいいだけでなく、使い勝手もいい、英国の伝統が実感できる極上ブラシ。これで愛用靴をブラッシングすればお手入れがより楽しくなること請け合いです。

靴磨きの気分もあがる、英国伝統の豚毛ブラシ | ケント シューズブラシ・ブラック(靴磨き用ブラシ・豚毛)

ウェールズのダイナミックな首都は過去に深く根を降ろしています。

Cardiff, Wales

カーディフ -ひと目でわかる[

  • ウェールズが「城の土地」なら、カーディフは「城の首都」です。壮麗なカーディフ城で中世の騎士の馬上槍試合観戦、おとぎの国から出てきたようなカステル・コッホを訪れてはいかがでしょう。
     
  • スポーツなら、カーディフは負けません。世界的に有名なミレニアム・スタジアムはラグビーとサッカーのウェールズ代表チームの本拠地です。またここではブリティッシュ・スピードウェイ・グランプリも定期的に開催されています。
  • ビクトリア時代の優美なショッピングアーケードもおすすめです。独立系のショップやカフェが立ち並び、中へといざなっています。
     
  • 上品なマーメイド・キーへは市の中心部からわずか5分です。忙しく観光して回った後に充電、あるいは海岸通りでロマンティックな食事を楽しんでリラックスするにはぴったりの場所です。
     
  • カーディフは活力なカルチャーがある極めて創造的な都市です。バーフライや「クルブ・アイフォー・バッハ、コール・エクスチェンジ」のような会場で毎晩ライブ音楽を楽しめます。
     
  • ドクター・フー・エクスペリエンスはファン必見です。ドクター・フーの世界を体験しながら巡っていくと、ターディスを操縦したり、ダーレクに対面したりできます。
     
  • 英国本土の最西端の州で実施されるツアーについては、ウェールズの首都カーディフが主な出発点となります。
     
  • カーディフはロンドンから列車で2時間強です。

英国政府観光庁オンラインショップ

英国政府観光庁オンラインショップへ行く

すべての商品を見る
英国政府観光庁オンラインショップへ行く